児童虐待防止法

児童虐待防止法で親の体罰禁止を法律化しようとしていますけどどうなんでしょうかね。
全世界で54か国は子供への体罰禁止の法律があります。
ここ数年で増えている法律です。
世界でもそういう流れがきている。
虐待の影響で反社会勢力になったり犯罪者になたっりするらしく、海外では研究が進んでいます。
基本的人権は大人にだけではなく子供にもある。
スウェーデンでは1960年代親から虐待を受けた子供は90%
1970年代に世界ではじめてスウェーデンが法律で禁止しました。
牛乳パックに『お子さんをたたかずにうまく育てられますか』と張り付けた。
虐待を受けた子供は30年で90%から10%に変わりました。
親以外へのキャンペーンで知らせて社会的意識をのばすことが必要なんですね。

目を逸らしたこと

最近、芸能人やアスリートの人が病気を発表して話題になりますよね。
そのせいかちょっとどこかに不調を感じるとギクッとしてしまいます。
いつもは生理の一日目は薬を何錠も飲んでしまいますが、二日目は飲まないときの方が多いです。
それなのに今回は二日目どころか三日目ですら薬を飲みたくなるような腹痛がありました。
子宮がねじれるような痛みがあったので怖いです。
トイレにいっても排便すらないし。
何かの病気かもしれないと思っても、そんなことはないただの腹痛だと思いたがる。
もし家族からこんなことを聞いたらとにかく病院に行くようにと勧めるのに自分のこととなると現実から目を逸らしたくなる。
目を逸らしたことによって悪化するのはわかる気がします。

そこにいくまでの過程

SNSの話題がいつでもありますね。
先生が生徒を殴る動画で問題になることも多くなっています。
運動部で子供相手なのにぶっ倒れるくらい殴る先生とか論外だと思うし、ずっとやっていたからこその告発は必要でしょう。
でも、生徒の方からけしかけたような炎上目的の動画も中にはあると思います。
先日見たものがそうです。
手をあげてはならない職業はもちろんありますし、基本は駄目でしょう。
しかしそれを逆手に取る人にも罪はあります。
相手をコントロールして周りからどうみられるかがわかる人というのは、子供でも大人でもいますからね。
暴力はいけないけれどそこにいくまでの過程もありますので、教師だけ処分しておしまいというのはよくないと思います。

[手の中の天秤]

[手の中の天秤]著:桂望実
執行猶予がついた場合は、被害者または被害者遺族が2年間加害者の生活状況を把握するという制度の法律が本の中にはあります。
加害者の生活態度などの報告は係官がします。
これ、なかなか良い制度だなと思いました。
法律によって実刑にならなかった場合につく執行猶予。
それでは納得がいかない被害者遺族が刑務所に入れるように言えば執行猶予は取り消されて収監されることになります。
制度を申しこんだ時点で必ず収監させようと思う遺族もいるし、加害者への怒りで2年間をやりきる人もいる。
反省をしていると知ればいいわけではない。
加害者にも理由があると係官が同情するのはよくない。
主人公は係官で初仕事からの回想をしていく物語で興味深かったです。

実用数学技能検定1級

実用数学技能検定1級に史上最年少の11歳が合格したそうです。
数学どころか算数すら嫌いな私としては信じられないですね。
大学レベルをすらすらと説くなんてどんな脳みそをしているんでしょうか。(笑)
この子が言うにはたくさん考えて解けたときに達成感があるそうです。
う、うん。まあ、そうだろうね・・・解ければね・・。
7歳のときに高校2年レベル合格とかもっと小さいときから優秀なんですね。
今回は448人が受験して42人が合格したそうです。
2、3歳の頃に両親が購入した立体パズルが数学を好きになるきっかけになったんだとか。
知育って必要なんですねぇ。
こういう子はテレビゲームじゃなくて、1人でもくもくと数学を解いているのであれば親は楽ですね。

ご本人の印象が悪すぎ

IT社長さんが着ていた、という5万円の黒いパーカー。
私にはユニクロの黒いパーカーとの見分けがつきません。
それは私の眼が節穴であり、おしゃれとはほど遠いしセンスを持ち合わせていないからという理由もあるでしょう。
一般人のそういう眼を持っている確率が高いのか低いのかすらわかりませんけど、わかる人にしかわからないのであれば、安くても良い気がします。
そもそもおしゃれに見えるような人でもないですし。(笑)
ご本人の印象が悪すぎて良く見えないという弊害もありますね!
話題とか知りたくもないので、ネットニュースでいちいち取り上げないで欲しいです。
嫌われてそうだけど話題になっていれば見る人もいるという力があるんでしょうね。

いきなり苦手な生き物

テレビを見ていていきなり苦手な生き物が出てくるのはやめてほしい。
それを売るわけではないのだからインパクトなんていりません。
ゴキブリのCMにリアルなのが出てくるのも嫌だって人がいますよね。
それとおなじで爬虫類とか、怖がる人だっているんですよ。
せめて、このCMは見たくないものが出るから目をそらそうとこちらが出来るだけの時間が欲しいです。
見る見ないは個人の自由ですけど、はじまりからすぐそんなもんを出されると回避できません。
今避けたいと思っているCMが嫌いな女優さんが出ているものだから余計に腹がたちます。
まあ、腹が立っているとはいえそのメーカーにクレームを入れるようなことはしませんけどね。
誰かやってくれないかなくらいは思いますけど。

ちょっとかわったニュース

ちょっとかわったニュースを見ましたよ。
ビールがケースごと家の前においてあったという人が何件も発生。
しかもそのビールは栓をあけていないのです。
何十万円もしてしまうくらいのビールがなん十件もの家に置かれていたんだとか。
わざわざ無料で配る意味が分からない。
ビールを飲んだあと空瓶を置いていくのであれば、まあ、わかりますよね。
酒屋に持っていくのが面倒だとかゴミとして放置したとか。
でも栓を開けていないのだからそうではないでしょう。
暑すぎるとみんな家に帰ってしまうのでビールは売れ残るそうで、酒屋がおいた疑惑があるそうですがビールが置かれていた住宅街の近くにある酒屋さんは、関係ないと否認。
置いたとしても否認するでしょうね。
でも実際にただで配るのであれがそう言った方が店としては印象が良いはずです。

自然分娩とは違う

ロイヤルファミリーの話題は、小さなプリンセスやプリンスの話題などほほえましいですね。
中でも子供を3人も生んでいるキャサリン妃のことが多いような気がします。
彼女は出産してすぐに退院して報道陣や国民の前に姿を現しています。
それが普通の国なんでしょうね。
そして3人目のルイ王子を出産して翌日にはジョージ王子を学校に送っていったそうです。
凄いですけど、これは誤解をまねきますね。
そもそもあちらは無痛分娩です。
日本は自然分娩が主流であり出産後にすぐに退院することや動けることは少ないでしょう。
出産経験はありませんけど命を自分の力で産み落とすことは並大抵のことではないと、想像で済ます。
彼女が学校に送っているのは本当でしょうがその他の家事や育児を日本女性と同じようにしているかわかりません。
お手伝いさんはたくさんいそうですしね。

はじめてのスーパー

成城石井は駅の中につくったはじめてのスーパーということをはじめて知りました。
月に10個も売れないものでも置いておくそうですよ。
わざわざそれを買いに来る人がいるからですって。
うらやましいなって思いました。
気に入ったものがあっても買っているのは私だけなのか、売らなくなってしまうことがありますからね。
そんなことがなんかいあったことか・・・・。
ネットでみつけようにも送料がその商品の倍以上とかじゃ、買う気になりません。
根強い人気がある商品を求めてくる人はやっぱりありますよ。
短期的にみたら利益はないが長期的には重要なことだと理解している人が勝機をつかむんでしょうね。
こういうお店が近くにあってお気に入り商品があったなら私も通いますね。