医師が苦手な理由とは

いっつも病院行くと、医師から色々食生活のこと言われるんだけどね。「当分摂り過ぎないよう言いましたよね?」とか、ちょっと怒ったような顔で言われるの。ギクって顔してると医師が「ギクって思ったでしょ?もう検査したらわかることなんだから。」って呆れたように言うのね。これが、苦手なのよねぇ(笑)。苦手も何も医師にそういう風にチクチク言われたくないなら、食べるなって話なんだけどね。健康ってワードに敏感で、これがいいのよってものを勧められるとつい手を出しちゃうくせに結局家では普通に食べちゃってんのよ。いや外でも食べちゃうのよ、外は特に誘惑だらけだからね。甘いの油っこいのって、外で出来たてのやつを食べるのが美味しいのよ。んで医師にまた溜め息つかれちゃうのよね、情けないわよね。わかってるならきちんと制限しなさいよってね、できないからまた医師に言われての繰り返しになっちゃってるのよね。「病気してからじゃ遅いよ!」なんて言われるけど、本当ごもっともです。その通りなのにどうして食べちゃうのか、食べだしても一口二口で止めれればいいのに。意思が弱いのね、そうなのよね。なにか気を紛らわすこともできるような、そんなものを見つけないとね。最近は脳神経外科医の求人をぐぐったりしてる。

コメントは受け付けていません。