不明なことも多い

通常、シマウマと思っているのはサバンナシマウマというそうです。
木の下や水浴びをしたりして暑さ対策をしています。
日差しの強い日中も活動的で休むときも木陰に入らない。
サーもカメラで見ると黒いシマは温度高く、白は低い
対応熱の吸収に差があるので温度差がある。
熱せられて上に流れ、白い方は下向きに流れるので風が生じるのが体が冷える仕組み。
シマウマの毛の長さは2mm。
ライオンは20mm、キリンは25mm。
吸血ハエに大量に血を吸われると死ぬ場合もあります。
このツエツエバエを防ぐことが、シマ柄になっているのかもしれません。
ツエツエバエが白と黒を嫌がることが分かっているけれど、何故かはまだ不明です。
シマウマのシマ柄の謎は続きそうですが生きているうちに解明してもらいたいです。