イチゴあれこれ

イチゴの赤い部分が果肉だと思っていまいたが、その部分は『偽果』という名前だそうです。
実はあのつぶつぶの方だったんですね。
あの小さなつぶつぶを割ると種が出てくるらしいのですが、ものすごく小さいですよね。
数が多くても繁殖能力は低いように思いました。
しかし生存するための工夫があったんです。
今は品種改良されて白いイチゴが出回っていますけど、基本的にイチゴは真っ赤ですよね。あの色は動物に食べられるように赤く目立つ色になっています。
食べられてからそんほ動物がフンをすると種が方々に広がるからです。
ヘタがたっている方が新鮮でおいしいイチゴ!
ヘタ部分に亀裂が入っている方は中の糖分がパンパンになって亀裂が入っているという知恵もつきました。