気持ちと気合でなおす?

戦国時代は麻酔薬のかわりに傷の痛みを軽減するために尿をかけていたそうです。
うわぁ。汚い!と思いますが尿には菌は入っていないので
清潔な水が無ければきれいに出来る方法なんだそうです。
血液型という考えがない時代なので輸血もできません。
血が足りなくなったら馬の血を飲んでいたそうですよ。
葦毛の馬の血がとくによく効くとされていたけれど、もちろん馬の血を飲んでも血にはならない。
口から入れたものが血管に入るなんてことがおきたら人間の体の中はどうなっているんでしょうかね。(笑)
病は気から・・・ということで馬の血を飲めば助かるという精神的な安心が得られたのかもしれませんね。
今の医学だって後々になって間違いだったということが分かることもありますしね。