その先を心配する

アメリカでTwitter情報を流して宝探しをするというのがあるそうです。
資金提供者は利益を得たのでみんなに還元したいとのことです。
日本円で数千円から数万円が町中のポストなどに張り付けられているみたいです。
一種の慈善活動ですよね。
組織化された慈善活動は嫌だとのこと、その考え方はいいと思います。
募金してもそれがきちんと使われるかわかりませんからね。
政府でさえわけのわからないハコモノを作ったり他の財源にあてちゃう世の中ですから。
でもこれ、現金をみつける現場に見知らぬ人同士が鉢合わせたらと思うとどうでしょう。
銃社会のアメリカで現金の取り合いで死傷事件が起きる可能性が高いんじゃないかと思います。
心配しすぎですかね?