自らを溶かす!

すい液は食べ物を溶かすので、すい臓事態がすい液で溶けてしまう。
牛のすい臓(しびれ)で検査をしてみると一目瞭然です。
体温とほぼ同じ37度で4時間揺らしてみると
胃液は消化されてもまだ肉の繊維が残っています。
すいえきは肉の繊維がわからないほどドロドロになっています。
自らの臓器を溶かすすい臓って自分の内臓なのになんだか怖いです。
すい炎の一番の原因はお酒だと言われています。
出口が狭くなったり、過剰分泌が起こるのはアルコールの摂取からなるからです。
酵素のアミラーゼが上昇するので血液検査でわかります。
健康診断でアミラーゼがない場合は追加して受けることができます。
しかしすい臓はもっと詳しく調べる必要があります。
腹部超音波検査でより詳しく調べることができるのです。
新スリンを生成する場所 糖尿病になるとインスリン分泌が刺激されてしまう。
手術がきない状態でみつかることが多い。