運動の重要性

頻脈は早期発見が重要といわれています。
まあ、なんの病気でも早期発見がいいことにはかわりはないのですが、死にかかわるものはとくにですね。
運動しているときの心臓の状態を調べると、不整脈があらわれることがある。
負荷をかけてみるわけですね。
運動していれば健康でいられると思いますよね。
しかし逆に、運動をする人は運動負荷心電図検査が必要になります。
過信せずに50歳以上の人は検査をするべきです。
心房細胞の治療は薬を飲み、激しい運動は禁止です。
しかし運動をしたい人には手術という手があります。
心房細胞の筋肉を焼くんですって。
不整脈を起こすところのまわりを閉じ込めてしまうと心臓細胞が起こりにくくなったり治ったりする。